国内外ニュース

萩野が銀メダル、世界水泳 男子200m個人メドレー

 競泳男子200メートル個人メドレー決勝で力泳する萩野公介=27日、ブダペスト(共同)  競泳男子200メートル個人メドレー決勝で力泳する萩野公介=27日、ブダペスト(共同)  競泳男子200メートル個人メドレーで銀メダルに輝き、表彰台で歓声に応える萩野公介=27日、ブダペスト(共同)  競泳男子200メートル個人メドレーで銀メダルに輝き、表彰台で歓声に応える萩野公介=27日、ブダペスト(共同)
 【ブダペスト共同】ブダペストで27日に行われた水泳の世界選手権の競泳男子200メートル個人メドレー決勝で、昨年のリオデジャネイロ五輪銀メダリスト、萩野公介(22)=ブリヂストン=が1分56秒01で銀メダルを獲得した。

 リオ五輪でこの種目を4連覇したマイケル・フェルプス(米国)が引退し、本命視された萩野は前日の予選を全体のトップ、準決勝は同2位で通過したが、この種目で五輪も合わせて日本選手初の優勝はならなかった。

 瀬戸大也(23)=ANA=は1分56秒97で5位に終わり、メダルを逃した。

(7月28日2時17分)

国際大会(7月28日)