国内外ニュース

米上院、対ロ制裁強化法案を可決 トランプ大統領の対応に注目

 【ワシントン共同】米上院本会議は27日、ロシアに対する制裁強化法案を圧倒的多数で可決した。制裁の緩和・解除に議会の事前審査を義務付け、トランプ大統領の権限を大きく制限する内容。法案は大統領の署名で成立する。対ロ関係改善に意欲を示してきたトランプ氏は、重要法案に初の拒否権を行使するかどうか決断を迫られる。

 採決結果は賛成98対反対2。ロシア政府による大統領選干渉疑惑「ロシアゲート」の捜査が進展し波紋が広がる中、米議会はトランプ政権による拙速な対ロ接近を警戒しており、ロシア政策に関して立法府の監視機能を強化するのが狙いだ。

(7月28日8時40分)

国際(7月28日)