国内外ニュース

金正恩氏動静、2週間ぶり 戦死者墓地を訪問

 平壌の「参戦烈士墓」を訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(奥中央)=27日(朝鮮通信=共同)  平壌の「参戦烈士墓」を訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(奥中央)=27日(朝鮮通信=共同)
 【北京共同】朝鮮中央通信は28日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が朝鮮戦争の休戦協定調印から64年の27日、同戦争の戦死者らが眠る平壌の「参戦烈士墓」を訪問したと伝えた。北朝鮮の国営メディアが金氏の動静を伝えたのは13日以来。

 大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験の準備とも取れる動きが北西部の亀城で見られる中、金氏が発射準備に立ち会っているのではないかとの見方も出ていた。

 金氏は参戦烈士墓で、全ての将兵と党員や新世代が1950年代の戦士らが発揮した祖国守護の精神を、代を継いで継承していくと表明した。

 朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長らが同行した。

(7月28日9時11分)

国際(7月28日)