国内外ニュース

特許庁、旧姓使用容認へ 希望する全職員、9月から

 特許庁  特許庁
 特許庁は28日、女性の活躍を推進するため、庁内の希望する全職員を対象に結婚後の旧姓使用を認めると明らかにした。中央省庁での全面的な導入は初めてという。9月から運用を始める。

 これまでは庁内の文書や職員録などに限り認めてきたが、行政処分など企業や関係省庁向けの対外文書でも使用できるようにする。納税や社会保険に関係する給与明細などは戸籍名を引き続き使用する。

 中央省庁では、法律に基づく文書も多いことなどから、旧姓使用の全面導入が進んでいなかった。ただ使用を希望する女性が多く、不自由もあった。最高裁も9月から、判決や令状などで裁判官らの旧姓使用を認める方針。

(7月28日10時20分)

経済(7月28日)