国内外ニュース

長崎の海岸で恐竜の歯化石 地層の年代古く「新産地」

 長崎県西海市の海岸で見つかった、草食恐竜「ハドロサウルス」に近い種類の歯の化石  長崎県西海市の海岸で見つかった、草食恐竜「ハドロサウルス」に近い種類の歯の化石
 福井県立大の恐竜学研究所と長崎県西海市は28日、同市大島町の海岸に露出する地層から、草食恐竜「ハドロサウルス」に近い種類の歯の化石が見つかったと発表した。地層の年代は従来、約5千万~3千万年前と考えられていたが、化石の発見によって、約1億~6600万年前の白亜紀後期にさかのぼるという。

 同研究所などは「恐竜化石の発見で、定着していた地層の時代を大きく見直す珍しいケース。新たな恐竜化石の産地が明らかになった」としている。

(7月28日11時17分)

科学・環境(7月28日)