国内外ニュース

菅官房長官「本人の意思尊重」 稲田防衛相辞任に

 菅義偉官房長官は28日の記者会見で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題を受けた稲田朋美防衛相の辞任に関して「防衛省トップとしての監督責任を取り、けじめをつけたいという本人の意思を尊重した」と強調した。

 後任を岸田文雄外相の兼務とした理由については、防衛相とともに国家安全保障会議(NSC)メンバーで、安全保障問題に対応できると説明した。北朝鮮ミサイル発射への警戒にも触れ「今後の対応に遺漏がないよう、速やかに後任人事を決めた」とも述べた。

(7月28日13時25分)

政治(7月28日)