国内外ニュース

核ごみ適地、国土の7割 政府、最終処分候補で地図公表

 高レベル放射性廃棄物の最終処分について、経済産業省が公表した日本地図「科学的特性マップ」(同省ホームページから)  高レベル放射性廃棄物の最終処分について、経済産業省が公表した日本地図「科学的特性マップ」(同省ホームページから)  青森県六ケ所村の日本原燃の施設に貯蔵されている高レベル放射性廃棄物。オレンジ色のマンホールのようなふたの下に保管されている=2012年  青森県六ケ所村の日本原燃の施設に貯蔵されている高レベル放射性廃棄物。オレンジ色のマンホールのようなふたの下に保管されている=2012年
 経済産業省は28日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分ができる可能性のある地域を示した日本地図「科学的特性マップ」を公表した。火山や活断層が周囲になく、最終処分の候補地となり得る適地は全ての都道府県に存在し、国土の7割弱が該当。このうち海岸から近く最適とされた地域のある自治体は全市区町村の過半数の約900に上った。

 経産省は地図の公表で処分場選定の議論を活性化させたい考え。秋以降に最適とされた地域で重点的に説明会を開き、候補地選定に向けた調査への理解を広げる。

(7月28日15時56分)

科学・環境(7月28日)