国内外ニュース

全日本サマー複合、加藤が優勝 ノルディックスキー

 後半飛躍の加藤大平=朝日三望台シャンツェ  後半飛躍の加藤大平=朝日三望台シャンツェ
 ノルディックスキーの全日本サマーコンバインド朝日大会は28日、北海道士別市の朝日三望台シャンツェ(ヒルサイズ=HS68メートル)などで距離を先に行うマススタート方式で争われ、加藤大平(サッポロノルディックク)が合計244・8点で優勝した。

 前半距離(9キロ)を17分17秒0、120・0点の首位で折り返し、後半飛躍でも最長不倒の61メートルをそろえて124・8点をマークした。

 今年2~3月の世界選手権に出場した永井秀昭(岐阜日野自動車)が241・2点で2位、曽根原郷(東京美装)が233・7点で3位。渡部暁斗、善斗兄弟(ともに北野建設)は出場しなかった。

(7月28日16時51分)

スポーツ(7月28日)