国内外ニュース

ひき逃げされた被害者を書類送検 道路で寝て事故を誘発した疑い

 京都府警川端署は28日までに、道交法違反(道路における禁止行為)容疑で、酒に酔って道路に寝ていてひき逃げされたアルバイト男性(35)=兵庫県芦屋市=を書類送検した。府警によると、ひき逃げ事件の被害者が送検されるのは異例という。

 送検容疑は5月23日午前2時半ごろ、京都市左京区の市道で、道路に寝そべり、トラックに左脚をひかれ、約1カ月の重傷を負う事故を誘発した疑い。

 男性は、友人たちと市内で酒を飲んで別れた帰りだった。同署は「生死にかかわる危険な行為」と判断し、立件した。

 道交法は道路で寝そべったり、座ったりして交通を妨害する行為を禁止している。

(7月28日16時57分)

社会(7月28日)