国内外ニュース

柏崎原発の審査合否総合的に判断 規制委の田中委員長

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は28日、再稼働の前提となる審査が終盤を迎えている東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)で前日に続き、現場の所長らから安全確保の考え方などを聴取した。田中氏は終了後、「現場は、二度と事故を起こしてはいけない意識を持っていることが確認できた」と話した。一方で、審査合否については、経営陣の考え方も踏まえ、総合的に判断する必要があると述べるにとどめた。

 田中氏が審査中の原発で現場責任者らに聞き取りをするのは異例。

 福島第1原発事故時に指摘された情報伝達の不十分さなどについては「体質を変えなければいけないとの自覚は出ていた」と述べた。

(7月28日19時15分)

科学・環境(7月28日)