国内外ニュース

ロシア、米制裁に報復 駐在外交官の削減要求

 【モスクワ共同】ロシア外務省は28日、ロシアに駐在する米外交官の削減を米国に要求し、米外交官向けの休暇用施設の利用を認めないとする声明を発表した。オバマ前米政権が昨年末に発動した制裁への報復。インタファクス通信は消息筋の話として、米外交官ら数百人が国外退去を迫られると伝えた。米議会が新たに制裁強化法案を可決したことに反発し、拒否権を持つトランプ大統領を揺さぶる狙い。

 オバマ前政権は、大統領選の民主党候補クリントン氏の陣営にロシアがサイバー攻撃を仕掛けたと断定。ロシア外交官35人の国外追放や、外交官の休暇用施設閉鎖などの制裁を昨年12月に発表していた。

(7月28日22時16分)

国際(7月28日)