国内外ニュース

米、イラン企業6社に制裁 ロケット試射に対抗措置

 【ワシントン共同】米財務省は28日、イランが27日に発表した国産ロケット試射への対抗措置として、ロケット開発に関与したイラン企業6社を制裁対象に指定した。大陸間弾道ミサイル(ICBM)と密接に関連する技術を使っていると指摘し、イランが挑発行為を続けていると非難した。

 トランプ米政権は今月18日、イランのミサイル開発などに関与した18の個人・団体を米独自の追加制裁対象に指定したばかり。新たな制裁にイラン側が反発するのは必至で、緊張が一段と高まりそうだ。

 ムニューシン米財務長官は声明で「イランの弾道ミサイルに関連した活動に対抗措置を取り続ける」と強調した。

(7月29日5時15分)

国際(7月29日)