国内外ニュース

韓国、THAAD増強方針 米と合同ミサイル演習

 国家安全保障会議(NSC)で発言する韓国の文在寅大統領=29日未明、ソウル(AP=共同)  国家安全保障会議(NSC)で発言する韓国の文在寅大統領=29日未明、ソウル(AP=共同)
 【ソウル共同】韓国の文在寅大統領は、北朝鮮の弾道ミサイル発射後の29日未明に開いた国家安全保障会議(NSC)で、韓国南部で配備が始まっている米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」について、配備済みの2基から増強することを米国と協議するよう指示した。

 文氏はNSCで「強力な武力示威の展開」を指示。米韓両軍は29日午前5時45分(日本時間同)ごろ、韓国東部の日本海側で弾道ミサイルの発射演習を実施した。両軍のミサイル演習は、北朝鮮による前回のミサイル発射の翌5日以来。

(7月29日10時47分)

国際(7月29日)