国内外ニュース

政府、挑発行為へ警戒続行 岸田氏兼務「問題ない」

 北朝鮮のミサイル発射について、取材に応じる安倍首相=29日午前1時42分、首相官邸  北朝鮮のミサイル発射について、取材に応じる安倍首相=29日午前1時42分、首相官邸
 政府は29日、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)級のミサイル発射を受け「さらなる挑発行為の可能性も十分考えられる」(安倍晋三首相)として警戒態勢を強めた。岸田文雄外相が防衛相を兼務する中での危機管理対応について、菅義偉官房長官は「支障は全く出ていない」と強調した。

 首相は発射から1時間足らずの29日午前0時40分すぎに国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を緊急開催。岸田氏は会合後、防衛省に午前1時10分ごろ入り、ミサイルの分析に当たった。「最大射程は少なくとも5500キロを超えるとみられ、ICBM級だったと考えられる」などと記者団に述べた。

(7月29日6時31分)

政治(7月29日)