国内外ニュース

ロシアは中距離と発表 北朝鮮ミサイル

 【モスクワ共同】タス通信などによると、ロシア国防省は28日、北朝鮮が同日発射したミサイルについて、中距離弾道ミサイルだと発表した。ミサイル監視システムで航跡を追った結果、高度681キロに達し、732キロ飛行、日本海中部に落下したとしている。ロシア国境から離れた方向へ発射され、ロシアに脅威はないと指摘した。

 ロシアの発表は、高度3500キロ以上、飛行距離約千キロとする日本政府の分析とかけ離れている。ロシアは4日に発射された弾道ミサイルについても、大陸間弾道ミサイル(ICBM)ではなく、中距離弾道ミサイルだと発表していた。

(7月29日7時26分)

国際(7月29日)