国内外ニュース

NY円、110円後半 北朝鮮ミサイルも材料視

 【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比59銭円高ドル安の1ドル=110円66~76銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・1740~50ドル、130円03~13銭だった。

 朝方に発表された4~6月期の米雇用コスト指数が市場予想を下回ったことなどが材料視され、年内の米追加利上げ観測が後退し、円買いドル売りが優勢となった。北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて、相対的に安全な通貨とされる円が買われる場面もあった。

(7月29日7時22分)

経済(7月29日)