国内外ニュース

米企業が11月に新ロケット スペースX、世界最大級

 米スペースXが開発中の新ロケット「ファルコンヘビー」の想像図(スペースX提供・共同)  米スペースXが開発中の新ロケット「ファルコンヘビー」の想像図(スペースX提供・共同)
 【ワシントン共同】米スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は28日までに、火星への飛行などを目指して開発中の世界最大級の大型ロケット「ファルコンヘビー」の試験打ち上げを11月に実施すると表明した。

 ファルコンヘビーは、宇宙ステーションへの物資輸送に使っている「ファルコン9ロケット」の3倍のパワーで、定員100人超の旅客機ほどの重さがあるものを宇宙に送ることができる。全長70メートルの2段式。ファルコン9の1段目を3本束ねた構成になっており、回収して再利用する。試験打ち上げで何を搭載するかや目指す軌道は明かしていない。

(7月29日9時11分)

科学・環境(7月29日)