国内外ニュース

北朝鮮、ICBM再発射「成功」 正恩氏「米全域射程内」

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター=共同)  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター=共同)
 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」の2回目の発射実験を28日夜に行い「成功した」と報じた。高度3724・9キロに達し、47分12秒の間に998キロ飛行したとしている。金正恩朝鮮労働党委員長が立ち会い「米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがはっきりと立証された」と述べた。

 発射は性能上、最大の射程を想定して行われ、大気圏再突入後も弾頭の安定性を維持し、公海上の設定した水域に「正確に着弾した」としている。

(7月29日10時06分)

国際(7月29日)