国内外ニュース

民間ロケット30日に延期 北海道、天候悪化が理由

 観測ロケットMOMOの打ち上げを見ようと北海道大樹町の公園で待つ人たち=29日午前  観測ロケットMOMOの打ち上げを見ようと北海道大樹町の公園で待つ人たち=29日午前  小型ロケットの打ち上げが延期され、引き揚げる見物客=29日午前、北海道大樹町  小型ロケットの打ち上げが延期され、引き揚げる見物客=29日午前、北海道大樹町
 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は29日、自社開発した小型ロケットの打ち上げに向け、同町の実験場で最終的な準備を進めたが、天候悪化を理由に30日に打ち上げを延期した。

 民間企業が単独で開発したロケットとしては日本初となる宇宙空間への到達を目指す。国の主導で進められてきた日本の宇宙開発に、民間が本格参入する試金石として成否が注目される。

 打ち上げるのは観測ロケットMOMO(モモ)。全長約10メートル、直径50センチ、重さ約1トンで液体燃料の1段式。発射から約4分後に高度100キロ以上に達し、約50キロ沖の太平洋上に着水する計画。

(7月29日11時41分)

科学・環境(7月29日)