国内外ニュース

中国、北朝鮮の発射非難 日米韓の圧力強化もけん制

 【北京共同】中国外務省は29日、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験について「国連安全保障理事会決議や国際社会の期待に背き、発射したことに反対する」と非難する声明を発表した。ただ、習近平指導部は秋に5年に1度の共産党大会を控えて地域の安定を最重視し、対話路線を主張。圧力強化に向かう日米韓もけん制する方針だ。

 中国はこれまでも北朝鮮に対してミサイル発射を自制するよう強く求めてきただけに、北朝鮮が2回目のICBM発射実験を強行したことに、いらだちを強めている。

(7月29日12時40分)

国際(7月29日)