国内外ニュース

おかやま山陽が再試合制し初出場 中京大中京、横浜も甲子園切符

 第99回全国高校野球選手権大会の地方大会は29日、6大会で決勝が行われ、降雨再試合となった岡山は、おかやま山陽が4季連続出場を目指した創志学園を下し、春夏通じて初出場を果たした。中京大中京(愛知)は2年ぶり28度目、横浜(神奈川)は2年連続17度目の出場を決めた。

 高岡商(富山)日本航空石川、二松学舎大付(東東京)も甲子園の切符をつかんだ。

 大阪では、今春の選抜大会で優勝した大阪桐蔭が同準優勝の履正社を準決勝で下し、決勝に進出した。

 30日の決勝は、西東京の早実―東海大菅生、大阪の大冠―大阪桐蔭の2試合が予定されている。

(7月29日18時17分)

高校野球(7月29日)