国内外ニュース

世界水泳、古賀が予選トップ通過 池江、鈴木は準決勝敗退

 男子50メートル背泳ぎ予選 力泳する古賀淳也=ブダペスト(共同)  男子50メートル背泳ぎ予選 力泳する古賀淳也=ブダペスト(共同)
 【ブダペスト共同】水泳の世界選手権第16日は29日、ブダペストで行われ、競泳男子50メートル背泳ぎ予選を古賀淳也(第一三共)が24秒54の全体1位で通過し、準決勝に進んだ。

 女子50メートル自由形予選を25秒04の16位で突破した17歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は、準決勝で24秒84の16位にとどまり敗退。同50メートル平泳ぎの鈴木聡美(ミキハウス)は予選を14位で通過したが、準決勝は30秒95の13位で決勝に進めなかった。

 混合400メートルリレー予選の日本(松元、中村、青木智、五十嵐)は3分26秒91の日本新記録で6位となり決勝に進んだ。

(7月30日1時51分)

国際大会(7月30日)