国内外ニュース

J1神戸ポドルスキ選手、2得点 鮮烈なリーグデビュー

 サッカーJ1大宮戦の後半、先制ゴールを決め喜ぶ神戸のルーカス・ポドルスキ選手(10)。この試合2得点し、鮮やかなデビュー戦を飾った=29日、ノエビアスタジアム神戸  サッカーJ1大宮戦の後半、先制ゴールを決め喜ぶ神戸のルーカス・ポドルスキ選手(10)。この試合2得点し、鮮やかなデビュー戦を飾った=29日、ノエビアスタジアム神戸  神戸―大宮 後半、この試合2点目のゴールを決め、ガッツポーズする神戸・ポドルスキ=ノエスタ  神戸―大宮 後半、この試合2点目のゴールを決め、ガッツポーズする神戸・ポドルスキ=ノエスタ
 サッカーのワールドカップ(W杯)に3大会続けて出場した世界的ストライカーが、鮮烈なJリーグデビューを果たした。J1神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ選手(32)が29日、神戸市のノエビアスタジアム神戸で行われた大宮戦で初出場し、2ゴールを奪って、いきなりワールドクラスの実力を見せた。

 推定年俸6億円の同選手は、0―0の後半序盤に得意の左足シュートで初ゴール。さらに追い付かれた後には、勝ち越しのヘディングシュートを決めて、3―1の勝利に貢献した。

(7月29日21時32分)

サッカー(7月29日)