国内外ニュース

暫定首相候補に前石油相 パキスタン与党が指名

 29日、パキスタンの首都イスラマバードにある新聞売り場で、首相失職の1面記事を読む男性(AP=共同)  29日、パキスタンの首都イスラマバードにある新聞売り場で、首相失職の1面記事を読む男性(AP=共同)
 【イスラマバード共同】パキスタンのナワズ・シャリフ首相が最高裁に下院議員資格を剥奪され失職したことを受け、与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派=PML(N)=は29日、会合を開き、シャヒド・カカーン・アバシ前石油・天然資源相(58)を暫定首相候補に指名することを決めた。

 会合でPML(N)は、ナワズ・シャリフ氏の弟で、中部パンジャブ州首相のシャバズ・シャリフ氏(65)を後継とすることで合意。同氏は首相の要件である下院議員でないため、下院補選に立候補して当選を目指す。

 アバシ氏はシャバズ・シャリフ氏の首相就任までの暫定的な首相となる見込み。

(7月30日0時35分)

国際(7月30日)