国内外ニュース

民間ロケット打ち上げ失敗 通信途絶えエンジン停止、北海道

 北海道・大樹町、札幌市、帯広市  北海道・大樹町、札幌市、帯広市  北海道大樹町の実験場から打ち上げられる「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット=30日午後4時30分  北海道大樹町の実験場から打ち上げられる「インターステラテクノロジズ」の小型ロケット=30日午後4時30分
 北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は30日午後4時半ごろ、自社開発した小型ロケットを同町の実験場から打ち上げた。だが約70秒後にロケットからの通信が途絶えたため、エンジンを緊急停止させた。民間企業が単独で開発したロケットでは日本初となる高度100キロ以上の宇宙空間を目指したが到達せず、打ち上げは失敗した。

 成功すれば国主導の日本の宇宙開発にとって、本格的な民間参入の節目になると注目されていた。ロケットは高度約20キロに届いた後、実験場から約6・5キロ沖の太平洋に落下したとみられる。

(7月30日21時25分)

科学・環境(7月30日)