国内外ニュース

メタボ受診率、初の50%超 15年度、目標70%なお遠く

 メタボ健診受診率の推移  メタボ健診受診率の推移
 40~74歳を対象とした特定健康診査(メタボ健診)の2015年度の受診率が50・1%となり、08年度の開始以来、初めて50%を超えたことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。ただ、政府は生活習慣病の予防に向け受診率70%を目標に掲げており、達成にはなお遠い状況だ。

 メタボ健診の対象者は約5396万人で、このうち受診したのは約2706万人。受診率は前年度の48・6%から1・5ポイント増えた。公務員らが加入する共済組合では75・8%、大企業の社員ら向けの健康保険組合では73・9%と70%を超えた。

 一方で自営業や無職の人らが入る国民健康保険は36・3%。

(7月30日17時31分)

医療・健康(7月30日)