国内外ニュース

相馬野馬追、見せ場迎える 甲冑の騎馬武者が躍動

 「相馬野馬追」で、神旗を奪い合う騎馬武者たち=30日午後、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地  「相馬野馬追」で、神旗を奪い合う騎馬武者たち=30日午後、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地  「相馬野馬追」の甲冑競馬で疾走する騎馬武者たち=30日午後、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地  「相馬野馬追」の甲冑競馬で疾走する騎馬武者たち=30日午後、福島県南相馬市の雲雀ケ原祭場地
 福島県の伝統行事「相馬野馬追」は2日目の30日、南相馬市の雲雀ケ原祭場地で、騎馬武者たちによる「甲冑競馬」と「神旗争奪戦」が行われ、最大の見せ場を迎えた。約3万8千人の観客は大きな声援と拍手を送った。

 甲冑競馬では騎馬武者が背中に差した先祖伝来の旗で風を切り、1周約千メートルのコースを駆け抜けた。神旗争奪戦では花火とともに計40本の神旗が順次打ち上げられ、約250騎が一斉に落下地点へ向かい、荒々しく奪い合った。

 最終日の31日は南相馬市の相馬小高神社で、素手で馬を捕らえる神事「野馬懸」が行われる。

(7月30日17時36分)

暮らし・話題(7月30日)