国内外ニュース

子どもの栄養格差解消、給食頼み 食事調査で判明

 給食を楽しむ児童ら=4月、鳥取県倉吉市  給食を楽しむ児童ら=4月、鳥取県倉吉市
 低所得層の子どもはそうでない子に比べ、成長に欠かせないタンパク質や鉄の摂取量が少ないなど栄養面の格差があることが、研究者による子どもの食事調査で30日までに分かった。差は主に給食のない週末に生まれ、栄養格差解消は給食頼みであることが示された。週末に「食事代わりにアイス1本」のケースもあった。

 子どもの食の支援では、民間団体が安く食事を出す「子ども食堂」も各地に増えているが、給食がない夏休みシーズンを迎え、支援の重要さを示す調査結果となった。

 調査は新潟県立大の村山伸子教授らが、東日本の4県19校の小学5年生に実施し836世帯が回答した。

(7月30日18時55分)

社会(7月30日)