国内外ニュース

取手市教委、自殺隠して調査 茨城、中3女子いじめ

 2015年11月に「いじめられたくない」と日記に書き残して茨城県取手市立中3年の中島菜保子さん=当時(15)=が自殺した問題で、学校や取手市教育委員会が直後に生徒や保護者に自殺と伝えない方針を決め、自殺の事実を隠したまま学校でのいじめの有無を調査していたことが30日、市教委への取材で分かった。

 市教委と学校は15年12月以降、全校生徒へのアンケートや同級生の聞き取りによる調査を実施し、菜保子さんへのいじめが確認できなかったと結論付けた。

 市教委は当初の方針について「受験を控えた生徒への影響を考え、遺族の意向も確認した」と説明している。

(7月30日19時15分)

社会(7月30日)