国内外ニュース

台風5号、小笠原付近に 勢力強め暴風に警戒

 台風5号の予想進路(30日21時現在)  台風5号の予想進路(30日21時現在)
 強い台風5号は30日午後、小笠原諸島の近海を南南西に進んだ。今後さらに勢力を強める見込みで、8月1日以降にゆっくりと北上する恐れもある。気象庁は暴風や高波に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風5号は30日午後9時現在、小笠原諸島近海をゆっくりした速度で南南西へ進んだ。中心気圧は955ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風域となっている。

 31日にかけて勢力を強めながらゆっくりと南下して非常に強い台風となり、西に向きを変える見込み。

(7月30日22時36分)

社会(7月30日)