国内外ニュース

ベネズエラ制憲議会誕生へ 国会から立法権剥奪か

 30日、カラカスで制憲議会選に抗議する人々(ロイター=共同)  30日、カラカスで制憲議会選に抗議する人々(ロイター=共同)
 【カラカス共同】南米ベネズエラで30日、新憲法制定のための制憲議会選が実施された。野党連合は参加せず、即日開票の結果、反米左翼マドゥロ政権派で構成する議会(545議席)が新たに誕生する見通し。今後は野党が多数派の国会の立法権が剥奪され、制憲議会に付与されるとみられる。ベネズエラの民主主義は重大な岐路を迎えた。

 検察当局によると、30日に各地で行われた反対デモで、参加者7人が治安部隊との衝突などにより死亡した。4月から続く反政府デモに絡む死者は約120人となった。

 独裁色を強める政権に対し、米国などは強い懸念を表明。

(7月31日9時56分)

国際(7月31日)