国内外ニュース

日銀、07年前半の議事録公開 追加利上げで安定成長へ

 日銀は31日、2007年1~6月の金融政策決定会合の議事録を公表した。追加利上げを賛成多数で決定した2月21日の会合で、福井俊彦総裁は「経済、物価が今後とも望ましい経路をたどっていくためには(追加利上げが)適当だ」と経済の過熱を防ぎ、安定成長を実現する考えを強調し議論を集約していたことが分かった。一方、岩田一政副総裁は「物価上昇率の先行きに不透明感が極めて強い」と反対した。

 この会合は1998年の新日銀法施行以来、初めて日銀執行部の投票が割れる結果となった。

(7月31日9時21分)

経済(7月31日)