国内外ニュース

大阪の古墳群、ユネスコ推薦へ 世界文化遺産19年登録目指す

 堺市の百舌鳥古墳群。右上は大山古墳(仁徳天皇陵)(共同通信社ヘリから)  堺市の百舌鳥古墳群。右上は大山古墳(仁徳天皇陵)(共同通信社ヘリから)
 国の文化審議会は31日、2019年の世界文化遺産登録を目指し、日本最大の前方後円墳・大山古墳(仁徳天皇陵)を含む「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦することを決めた。登録に必要な「顕著な普遍的価値」が視覚的に理解しやすく、推薦に向けた準備が最も進んでいると判断した。

 政府が来年2月1日までに推薦書を提出、ユネスコの諮問機関が現地調査し19年5月ごろ登録の可否を勧告する。順調なら19年夏のユネスコ世界遺産委員会で正式に審査される。

(7月31日18時01分)

文化・芸能(7月31日)