国内外ニュース

米広報部長スクープに圧力 政権、報道陣と攻防激化

 米ホワイトハウスで、テレビ局のインタビューに応じるスカラムチ氏=7月26日(ゲッティ=共同)  米ホワイトハウスで、テレビ局のインタビューに応じるスカラムチ氏=7月26日(ゲッティ=共同)
 トランプ米大統領がホワイトハウスの広報部長に起用したスカラムチ氏がスクープ報道への圧力を加え始めた。政権はスパイサー前大統領報道官が辞任して新たな広報体制となり、メディアの攻防は第2幕。政権からの内部情報の漏えいを阻止しようとするスカラムチ氏とメディアの駆け引きが激しくなっている。

 「誰が漏らしたんだ」。米誌ニューヨーカーによると、スカラムチ氏は26日夜、同誌記者に電話をかけ、情報源を明かすよう迫ったという。記者はスカラムチ氏がこの日、トランプ氏夫妻や保守系FOXニュースの著名キャスターらとひそかに会食したことをすっぱ抜いていた。記者は回答を拒否した。

(7月31日17時20分)

国際(7月31日)