国内外ニュース

東芝、東証2部へ降格 債務超過でルール抵触

 東証1部最後となる東芝株の終値を示すボード=31日午後、東京・八重洲  東証1部最後となる東芝株の終値を示すボード=31日午後、東京・八重洲
 経営再建中の東芝は8月1日、株式の上場先が東京証券取引所の市場第1部から第2部に降格した。米原発事業を巡る巨額損失で3月末に負債が資産を上回る債務超過に転落したため、東証の上場ルールに抵触。現在の苦境を象徴する事態となった。

 来年3月末までに債務超過が解消されなければ、自動的に上場廃止となる。再建の鍵を握る半導体子会社の売却も難航しており、先行きは予断を許さない状況だ。

 大手電機の2部降格は昨年のシャープに続いて2年連続となる。

(8月1日0時06分)

経済(8月1日)