国内外ニュース

生殖医療研究で受精卵作製 大阪のクリニック、初申請

 大阪府内のクリニックが生殖補助医療の研究のため、未成熟の卵子を体外で培養して成熟させ、受精卵を作製する研究の計画を国に申請したことが31日、分かった。文部科学省と厚生労働省の専門委員会は同日、審査を始めた。

 国は倫理指針で生殖補助医療研究に限定して受精卵を作製することを認めており、今回が初の申請。厚労省は「個人情報や知的財産があるためクリニック名や会議を非公開とした」としている。

 研究計画は、同意の得られた女性から提供を受けた未成熟な卵子を特殊な培養液で育て、卵子の成熟する条件を調べる。成熟した卵子は夫の精子と受精させ、受精率が向上するかどうか調べる。

(7月31日19時30分)

医療・健康(7月31日)