国内外ニュース

世界の若者7割ネット利用 国連、デジタル格差も鮮明

 【ジュネーブ共同】国連専門機関の国際電気通信連合(ITU)は31日、インターネットの普及が世界的に拡大し、2017年には若者(15~24歳)の7割がネットを利用しているとの報告書を発表した。日米など先進国ではネットを使用する若者は9割を超えた。一方、アフリカなど後発開発途上国では約3割にとどまっており「デジタル格差」が鮮明となった。

 報告書は携帯通信端末によるブロードバンド(高速大容量)利用が途上国を中心に急速に拡大、17年末には加入者が43億人に達する勢いで「ネット普及のけん引力となっている」と分析した。

(7月31日19時36分)

経済(7月31日)