国内外ニュース

稲葉新監督の一問一答

 野球日本代表の監督就任が発表され、記者会見する稲葉篤紀氏=31日午後、東京都内のホテル  野球日本代表の監督就任が発表され、記者会見する稲葉篤紀氏=31日午後、東京都内のホテル
 日本代表の稲葉篤紀新監督は笑みを交え、さわやかに思いを語った。

 ―就任要請には即答したか。

 「即答ができることではない。じっくりと家族を含めて考えた。五輪に向けて自分が何をやっていけるか、という思いが上回ったので、引き受けさせていただいた」

 ―チーム編成は。

 「3年かけてじっくりとやっていかないといけない。若い選手からベテラン選手まで、バランスが取れたチームを目指したい」

 ―国際大会の経験が抱負。

 「国と国とのプライドがぶつかり合う真剣勝負。一つも負けられない短期決戦。精神的、肉体的につらいものがあり、それを乗り越えて優勝した大会も、悔しい思いをした大会もある」

 ―2021年にはWBCも控えている。

 「野球という競技は一緒でも(五輪とは)違うという感じがある。オリンピックで金メダルを取ることしか頭にない」

 ―目指すチームは。

 「一番、大事にしていくのはチームの輪、結束力。トップチームの誇りを胸に、しっかりと戦っていきたい」

(7月31日20時11分)

プロ野球(7月31日)