国内外ニュース

高校総体400障害は白尾がV2 第4日

 男子400メートル障害決勝 51秒44で2連覇を果たした東農大二・白尾悠祐=NDソフトスタジアム山形  男子400メートル障害決勝 51秒44で2連覇を果たした東農大二・白尾悠祐=NDソフトスタジアム山形
 全国高校総体(インターハイ)第4日は31日、山形県天童市のNDソフトスタジアム山形などで11競技が行われ、陸上400m障害の男子は白尾悠祐(群馬・東農大二)が51秒44で2連覇を果たした。女子は高木里奈(岡山・倉敷南)が59秒20で制した。

 女子走り幅跳びは日本選手権覇者の高良彩花(兵庫・園田学園)が追い風参考記録の6m17で2連覇、女子円盤投げは地元の斎藤真希(山形・鶴岡工)が48m76で圧勝した。400mリレーの男子は岐阜聖徳(伊藤、松田、佐々木、豊島)が40秒29で、女子は中京大中京(愛知=高須、久野、天神、長谷川)が45秒48で優勝した。

(7月31日21時20分)

スポーツ(7月31日)