国内外ニュース

アイヌの遺骨、独から返還 外交ルート初「歴史的」

 31日、ドイツ・ベルリンで、学術団体のアレクサンダー・パショス代表(右)からアイヌ民族の遺骨が入った箱を受け取る北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(中央)ら(共同)  31日、ドイツ・ベルリンで、学術団体のアレクサンダー・パショス代表(右)からアイヌ民族の遺骨が入った箱を受け取る北海道アイヌ協会の加藤忠理事長(中央)ら(共同)
 【ベルリン共同】ドイツの学術団体が31日、アイヌ民族の遺骨を北海道アイヌ協会に引き渡した。アイヌの遺骨は研究目的で日本から海外に持ち出されたことが判明しているが、内閣官房アイヌ総合政策室によると、外交ルートでの返還は初めて。北海道アイヌ協会の加藤忠理事長は「先住民族アイヌの人間にとって歴史的だ」と強調した。

 ベルリンの日本大使公邸で開かれた返還式で、学術団体「ベルリン人類学民族学先史学協会」のアレクサンダー・パショス代表は、遺骨が「墓から盗掘された」と説明し「入手方法が非合法で、道徳的な問題があった」と指摘した。

(7月31日22時15分)

国際(7月31日)