国内外ニュース

米大統領、広報部長を更迭 起用から10日、政権の人事混迷

 スカラムチ氏(ゲッティ=共同)  スカラムチ氏(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】米ホワイトハウスは7月31日、広報部長のスカラムチ氏の辞任を発表した。21日に起用されたばかりで、トランプ大統領による事実上の更迭。スカラムチ氏の政権入りを巡っては高官辞任が相次いでいた。政府高官が起用からわずか10日で政権を去るのは極めて異例。ホワイトハウスの内紛による一層の混迷ぶりがあらわになった。

 米メディアは7月31日に就任したケリー新大統領首席補佐官の要請と報道。政権運営の安定化を目指すケリー氏は権限掌握を進めているもようで、トランプ氏はケリー氏の助言を重視し、混乱収拾にスカラムチ氏解任が必要と判断したとみられる。

(8月1日12時16分)

国際(8月1日)