国内外ニュース

NY円、110円前半

 【ニューヨーク共同】週明け7月31日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円台前半で取引された。トランプ米大統領の政権運営に対する懸念が強まり、ドルを売って円を買う動きが優勢となった。

 午後5時現在は前週末比45銭円高ドル安の1ドル=110円21~31銭。ユーロは1ユーロ=1・1837~47ドル、130円53~63銭だった。

(8月1日7時46分)

経済(8月1日)