国内外ニュース

東証、午前終値は1万9959円 企業好決算を支えに反発

 東京証券取引所=東京・日本橋兜町  東京証券取引所=東京・日本橋兜町
 1日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は、上場企業の好決算を支えに反発した。ただIT関連株の一角には売り注文が出て、平均株価は前日終値を下回る場面もあった。

 午前終値は前日終値比34円23銭高の1万9959円41銭。東証株価指数(TOPIX)は6・47ポイント高の1625・08。

 大手企業の2017年4~6月期決算発表が相次ぎ、市場予想を上回る利益水準を示した銘柄に買いが入った。化学株や金属製品株などが上げた。

 一方、ハイテク株主体の米ナスダック総合指数は前日まで3営業日続落し、東京市場でも半導体関連銘柄などが売りに押された。

(8月1日12時01分)

経済(8月1日)