国内外ニュース

稲田氏の招致で与野党平行線 日報問題の閉会中審査

 稲田朋美氏  稲田朋美氏
 与野党は1日、南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報隠蔽問題を巡り、衆院安全保障委員会理事懇談会を開いた。野党が閉会中審査に稲田朋美前防衛相の参考人招致を求めたが、与党は「新しい防衛相で対応したい」と拒み、平行線で終わった。引き続き4日に協議する。与野党の筆頭理事らが明らかにした。質疑は非公開。

 理事懇談会には防衛監察本部の副監察監らも出席。野党筆頭理事の後藤祐一氏によると、野党議員が聴取時の稲田氏の発言内容などを尋ねたが、副監察監らが「答えられない」と対応した。後藤氏は取材に「稲田氏が話さないと真相は明らかにならない」と強調した。

(8月1日13時11分)

政治(8月1日)