国内外ニュース

銀座現金強奪、事件後着替え逃走 1カ月前も襲撃計画か

 4月21日、東京・銀座で現金強奪事件があった現場を調べる捜査員  4月21日、東京・銀座で現金強奪事件があった現場を調べる捜査員
 東京・銀座の路上で今年4月、現金約7200万円が入ったバッグが強奪された事件で、強盗容疑で逮捕された東京都府中市の小笠原興人容疑者(20)や、千葉県の県立高校2年の少年(16)ら3人が事件後に着替えたり、マスクや帽子を着用したりして逃走していたことが1日、警視庁捜査1課への取材で分かった。

 捜査1課によると、事件の約1カ月前の3月24日に現場周辺の防犯カメラに写っていたことも判明。金塊取引を終えた人を襲撃しようとしたが、少年の到着が遅れたため断念したという。

 3人は現金強奪後、タクシーやバイク、電車を利用するなどして逃走した。同課は1日、3人を送検した。

(8月1日12時26分)

社会(8月1日)