国内外ニュース

文科省、再就職監視チームを設置 違法天下り防止で

 文部科学省は1日、違法天下りの再発防止に向けて、職員の再就職手続きに違法性がないかを弁護士ら第三者が監視するコンプライアンス(法令順守)チームを省内に設置したと発表した。松野博一文科相は記者会見で「国民からの信頼を取り戻せるよう全力を挙げて取り組む」と述べた。

 国家公務員法が禁じる、職務上の利害関係がある機関への就職活動などをチェックする。文科省の有識者検討会が7月末に設置を提言した。有識者検討会座長の山田秀雄弁護士らがメンバーとなる。

(8月1日12時56分)

政治(8月1日)