国内外ニュース

東証、好業績銘柄買われ反発 円高ドル安は重荷

 1日の東京株式市場は、決算発表で好業績を示した銘柄に買い注文が入り、日経平均株価(225種)は3営業日ぶりに反発した。終値は前日比60円61銭高の1万9985円79銭。ただ円高ドル安の進行や前日の米ハイテク株安が重荷となり、朝方には一時下落した。

 東証株価指数(TOPIX)は9・89ポイント高の1628・50。出来高は約19億4400万株。

 海外景気の持ち直しを背景に、2017年4~6月期の増益を発表する上場企業が目立つ。1日は取引時間中に次々と発表される決算を手掛かりに、個別の銘柄に買いが集まる場面があった。

(8月1日16時05分)

経済(8月1日)