国内外ニュース

国産カヌーの実験艇お披露目 東洋大など、東京五輪へ

 お披露目された国産カヌーの実験艇=1日、東京都内  お披露目された国産カヌーの実験艇=1日、東京都内
 国産カヌーの開発を目指す東洋大などは1日、東京都内で記者会見し、完成したカヌーの実験艇をお披露目した。今後は2020年東京五輪での日本選手への供給を目標に、試合用のカヌーの製作に入る。

 トップ選手が使うカヌーはほとんどが東欧製という。東洋大が民間企業と協力して開発するのはスラローム種目用で、名前は「水走(みつは)」。へさきや底の形状を工夫して水の抵抗を減らしたほか、日本人の体格に合わせてコックピットの幅を狭める設計などにした。

 研究開発責任者の東洋大理工学部生体医工学科の望月修教授は「われわれのつくったカヌーで金メダルをとってもらいたい」と話した。

(8月1日17時06分)

スポーツ(8月1日)