国内外ニュース

普天間4ヘクタール返還で式典 沖縄知事「県外移設を」

 沖縄県宜野湾市で開かれた米軍普天間飛行場の一部返還を記念する式典で、記念写真に納まる(左2人目から右に)翁長雄志知事、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官、宮沢博行防衛政務官=1日午後  沖縄県宜野湾市で開かれた米軍普天間飛行場の一部返還を記念する式典で、記念写真に納まる(左2人目から右に)翁長雄志知事、在沖縄米軍トップのニコルソン沖縄地域調整官、宮沢博行防衛政務官=1日午後
 政府は1日、沖縄県宜野湾市で、同市中心部を占める米軍普天間飛行場(約481ヘクタール)の一部約4ヘクタールが7月31日に返還されたことを記念する式典を開催した。基地負担軽減への取り組みを強調し、名護市辺野古移設を進める考え。翁長雄志知事は式典で、普天間の危険性除去と全面返還の必要性を指摘し「県外移設に積極的に取り組んでもらいたい」と訴えた。

 約4ヘクタールは普天間飛行場の東沿い約2キロの細長い区域で、全体の約0・8%。宜野湾市は周辺国道の慢性的な渋滞解消のため、バイパス道路の市道として整備する。

(8月1日18時41分)

政治(8月1日)