国内外ニュース

北朝鮮、経済好転か 「息吹き返す」と韓国分析

 7月、平壌の高層住宅団地「黎明通り」を日傘を差し行き交う女性たち(共同)  7月、平壌の高層住宅団地「黎明通り」を日傘を差し行き交う女性たち(共同)
 【ソウル共同】国際社会の制裁を受けながら核・ミサイル開発に多額の資金を注いでいる北朝鮮の経済が、昨年は17年ぶりの高成長を遂げたとみられるなど好転を示す指標が、1日までに相次いで明らかになった。専門家は、政府の財政とは別に自由市場が発達したことが背景にあると指摘。韓国情報機関、国家情報院も「北朝鮮経済は息を吹き返している」と分析しており、制裁の実効性に疑念が広がりそうだ。

 韓国銀行によると、北朝鮮の昨年の国内総生産(GDP)推定成長率は3・9%と2000年以降で最も高く、貿易額も前年比4・7%増。

(8月1日19時00分)

国際(8月1日)